So-net無料ブログ作成

花咲舞が黙ってない 杏 第6話 上川隆也 塚地武雅 甲本雅裕 大杉漣 生瀬勝久 [ドラマ]

花咲舞が黙ってない日本テレビ系

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編!
 痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?


放送日2015年8月12日
毎週水曜22:00~23:00
原作:池井戸潤「不祥事」(実業の日本社・講談社文庫)
主題歌:I am a HERO/福山雅治

あらすじ 8月12日放送分(第6話)

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、支店の融資が
正しく行われているかをチェックする
「与信検査」への応援を命じられる。

検査を指揮する氷室(東幹久)は“支店荒らし”と
噂されるほど厳しく高圧的な人物で、
舞はそんな氷室の態度に嫌悪感を覚える。

一方、相馬は氷室の動向に目を光らせる。

実は「氷室が支店の行員の弱みを握って脅し、
金銭を要求している」という内部告発があり、
それが事実かどうかを探るのが応援の
目的だったのだ。
予告動画

http://vod.ntv.co.jp/f/view/?contentsId=10308



.

キャスト

杏/花咲舞役
「東京第一銀行」本部・支店統括部臨店班に
勤務する入社6年目の銀行員。
困っている人を放っておけない性格で、
トラブル解決のためなら行内の人間関係や
ゆがんだ企業倫理をものともせずに突っ走る。

上川隆也/相馬健役
舞の相棒役を務める「東京第一銀行」
本部・支店統括部臨店班の中堅銀行員。
かつては敏腕融資マンとして名を馳せていたが、
上司とぶつかったのを機に出世ラインから外され、
現在の職に就いている。
以前は事なかれ主義で日々の仕事をこなしていたが、
舞との出会いで一変。
かつての熱い血がよみがえり、
舞の行動に振り回されながらも彼女の活躍を支えている。

塚地武雅/芝崎太一役
「東京第一銀行」本部・支店統括部次長。
無類のうわさ好きで、人事情報から不祥事まで、
あらゆる行内の情報に精通している。

甲本雅裕/児玉直樹役
「東京第一銀行」本部・秘書室次長。
相馬の同期で、真藤派閥の若手リーダー。
真藤を心から尊敬し、絶対服従の姿勢を
貫いており、臨店班の動向に常に目を光らせている。

大杉漣/花咲幸三役
舞の父。妻を早くに亡くし、
男手一つで舞を育て上げた“頼れるお父さん”。
舞が就職したのを機に脱サラし、
自宅の1階に「酒肴処 花咲」を開店。
店は舞だけでなく、相馬にとっても安らぎの
場所となっている。

生瀬勝久/真藤毅役
「東京第一銀行」に入行以来、
エリート畑を歩んできた出世頭で、
この1年で経営企画本部長から
常務取締役に昇進した。
真藤派閥の支店長たちが起こした
不祥事を次々と明るみにする
臨店班を目の敵にしている。


概 要

池井戸潤の小説を杏主演で映像化、昨年4月期に
放送して好評を博した連続ドラマの待望の続編。
銀行の支店に赴きさまざまなトラブルを解決する、
大手メガバンクの「臨店班」に所属する
熱血銀行員・花咲舞(杏)の奮闘を描く。

舞が「お言葉を返すようですが!」の
決めゼリフを武器に、誤払いや情報漏えいなどの
問題解決のため突っ走る痛快なストーリーが魅力。
コンビを組む上司・相馬健役の上川隆也、
2人の宿敵の常務・真藤毅役の生瀬勝久ほか、
甲本雅裕、大杉漣、塚地武雅らおなじみのメンバーも健在だ。
また、舞に恋心を抱く銀行員役で成宮寛貴が
準レギュラーとして出演するなど、
舞の女心を巡る新展開も訪れる。

ストーリー

「東京第一銀行」の本部・臨店班に勤務する
花咲舞(杏)と相馬健(上川隆也)がコンビを組み、
全国の支店で起こるさまざまな問題を解決し始めて
1年余りが過ぎた。
2人の天敵ともいえる真藤毅(生瀬勝久)は
常務取締役に昇進し、次期頭取候補としてますます
行内での勢いを強めていたが、舞と相馬は
それをものともせずに各地を飛び回り、
弱い立場の人たちのために奔走していく。

そんな中、訪れた支店で融資課員として働く、
熱く真っすぐな青年・松木啓介(成宮寛貴)と出会う。
松木は彼らと共に問題解決に向けて奮闘するうちに、
舞の仕事ぶりや人柄に惹かれ好意を抱くようになるが、
恋愛に鈍感な舞はなかなかその思いに気付かない。



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。